ピルを飲んでても膣内射精はNG!その理由は?

低用量ピルを避妊の目的で服用している人のなかには、「ピルを飲んでいたらコンドームを使わなくてもいい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。

確かにピルは継続的に服用することで高い避妊効果があります。
しかし、本当にコンドームを使わずに膣内射精しても問題ないのでしょうか?

低用量ピルの避妊効果は?

ピルは、毎日同じ時間に飲み忘れることなく服用していたら99.7%の避妊効果があるお薬です。

コンドームも正しく使えば98%の避妊効果が得られますが、実際には途中で破れたり、外れたり、液が漏れたりすることがあり、その失敗確率を含めると平均的な避妊効果は87%まで下がります。

コンドームと比較するとピルの避妊率はとても高いことがわかります。妊娠を望まないタイミングということであれば、とても有効な避妊の手段だと言えるでしょう。

ただ、ピルの避妊率は「99.7%」であって、「100%」ではないこと、また、飲み忘れると避妊効果が下がっている可能性があります。
コンドームなどの避妊具を併用することをおすすめします。

避妊効果は高いが性感染症は防げない!

ピルには高い避妊効果はありますが、性感染症を予防する効果はありません。

性感染症にかかると、子宮内膜や卵管、腹膜などに慢性的な炎症を引き起こしてしまう可能性があります。
なかでも子宮内膜炎になると、将来子どもが欲しくても授かりにくい身体になってしまうことも。

そのため、膣内射精以前にコンドームを使用しない性行為は、性感染症のリスクを高めるため危険です。

自分自身だけでなく、パートナーと一緒に定期的に性感染症検査を受けることが重要です。
セックスのお相手が性感染症に感染しているかが分からない場合は、性感染症予防として必ずコンドームをつけるようにしましょう。

まとめ

ピルを飲んで避妊していたとしても、コンドーム無しのセックスには性感染症のリスクがあります。
セックスを安全に楽しむために、またお互いのからだを大切にするためにも、コンドームを使用したり、定期的に性感染症検査を受けたりするようにしましょう。

ピルや避妊で心配なことがある場合は、スマルナ医療相談室で専門家に相談してみてくださいね。

この記事をシェアする

ピルを飲んでても膣内射精はNG!その理由は?

All articles

すべての記事

ピルの休薬期間とは?服用していないのに生理が来ないのはなぜ?

生理周期を知ろう:どうやって数える?すぐに試せる健康チェック!

生理はどうして巡ってくるの?:生理周期の秘密について

ピルは保険適用される?対象になる条件と適用外のケースを解説

記事一覧へ