ピルの21錠と28錠って何が違うの?どちらを選べば良い?

低用量ピルには「21錠タイプ」と「28錠タイプ」の2種類があるのを知っていますか?「あるのは知っているけど、正直何が違うのかわからない…」という方もいるのではないでしょうか。
今回は21錠タイプと28錠タイプの違いとそれぞれの飲み方についてご紹介します。

21錠タイプと28錠タイプの違いは偽薬(プラセボ)の有無

ピルの1シート目を飲み始める時は基本的に、「生理開始日から生理5日以内に飲み始め、3週間(21日間)毎日飲み、その後1週間休む」という飲み方をします。この1週間のお休みの期間を「休薬期間」と呼びます。

21錠タイプと28錠タイプの違いはこの休薬期間中に飲む「偽薬(プラセボ)」がシートに含まれているかどうかです。

偽薬(プラセボ)とは、女性ホルモンの成分が入っていないお薬のこと。28錠タイプのピルでは、休薬期間の7日間、偽薬(プラセボ)を1日1錠飲みます。

つまり、成分が入っている実薬は両方とも21錠となり、効果などに違いはありません

偽薬(プラセボ)は飲み忘れを防ぐため

ではなぜ28錠タイプが存在するのでしょうか。それは飲み忘れを防ぐためです。

21錠タイプだと、休薬期間の7日間は何も飲まないため、次のシートの開始タイミングがわからなくなり、新しいシートの1日目のピルを飲み忘れてしまう人が中にはいます。その飲み忘れを防ぐために開発されたのが28錠タイプです。

休薬期間内も偽薬を飲むことで毎日ピルを服用する習慣を身につけ、飲み忘れを防ぐという仕組みです。

飲み忘れが心配!という方は28錠タイプがおすすめ

21錠タイプも28錠タイプも成分や避妊などの効果、値段などに差はありません。

しかし、ピルは毎日忘れずに服用することで十分な効果を得ることができる薬ですので、毎日のルーティンとして取り入れることができる28錠タイプがおすすめです。

注意!21錠タイプしかないピルもある

多くのピルは、21錠タイプと28錠タイプのどちらも生産されていますが、ルナベルULD、フリウェルULDといったお薬は21錠タイプのみの生産となります。

これらのピルを服用する場合には、休薬期間明けに飲み忘れないようにカレンダーに印をつけたり、飲む時間にアラームを設定したりするなど、飲み忘れないようにする工夫をしましょう。

まとめ

「21錠タイプ」と「28錠タイプ」は成分や効果に差はなく、同じものです。
21錠タイプのみのお薬もありますが、2種類のタイプのうちどちらにするか迷っている方は、飲み忘れを防ぐためにも28錠を選択するのがおすすめです。

もしお薬の種類やタイプなどで迷う場合は、スマルナ医療相談室で助産師や薬剤師などの専門家に相談が可能です。
副作用やお薬の飲み方など、みなさんの疑問や不安にお答えします。

ピルについて知りたい!という方は、ぜひ一度利用してみてくださいね。

この記事をシェアする

ピルの21錠と28錠って何が違うの?どちらを選べば良い?

All articles

すべての記事

我慢しないで!つらい生理痛との向き合い方をお伝えします

不正出血とは?もしかしたらからだの危険信号かも!

あなたの生理は大丈夫?生理の周期・期間・量などの疑問を徹底解説

アフターピル服用後の生理はどうなる?来なかったらどうする?

アフターピルってどうやって処方してもらうの?対面診察・オンライン診察を一挙紹介!

記事一覧へ